七転び八起き

信頼ベースと『学び合い』の考え方をもとにしたクラス運営をしています。

未来のために広めたい。

『学び合い』の考え方を学年で共有する。各教員がその考えに共感し学級経営をする。学年単位で「1人も見捨てない」集団が育っていく。その状態で中学に送れたらって妄想する。自分から仲間を得られる力はついているか、仲間に力を貸してあげられる人になって…

『学び合い』の授業展開をいじってみる

単元自由進度の『学び合い』を進めるとあることに気がつく。「語り→問題解決→振り返り」でさえも、授業展開として窮屈になることに。そう感じるようになると、新しい授業展開が自分の頭の中に立ち上がってきた。まだ完璧な形ではないが。「振り返り→問題解決…

『学び合い』を進化させる

比例の単元自由進度の学び合い。平均点78点。うーん、もうひと越えできるはず。気軽に相談しあえる関係性はできてる、けどまだ甘い。何が甘いって、分かったつもりで止まっている子が多い。厳しさが足りない。僕も子どもたちも。テストでの自力解決となると…

振り返りから学級通信を作る

あなたの一歩が世界を変える!? バックトゥザフューチャーという映画を知っていますか?かつてUSJのアトラクションでもありました。博士が作った車で、現在から過去、過去から未来へとタイムスリップしながら問題を解決していくお話です。タイムスリップで…

謝ることで深まる信頼

昨日のエントリーhttp://metch96.hatenablog.com/entry/2017/11/16/210105で書いたように、昨日は教員のあり方として大いに反省することがありました。仕切り直すために、なにより子どもたちに申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、早速子どもたちを集めて…

任せると放任は違う

今日は教科ではなく、文化祭の準備をプロジェクトアドベンチャーや『学び合い』の型にはめて進めた。出店の中身は、劇と障害物リレー(サスケ)だ。「君たちの祭りだから。先生はできるだけ声をかけないようにするよ。先生色にそまったお祭りになるのは嫌やろ…

君たちの責任なんだよ

算数、単元通しの『学び合い』「はい、どうぞ」でスタート。その中に気になる子が1人。ノートに問題番号を書いたまま先に進まない。隣の子と何か雑談をしてる様子。その子は笑顔で雑談に応じる。近くに行こうと思ったが、やめた。無言のプレッシャーでやらせ…

『学び合い』の課題設定〜日清戦争〜

課題2つの戦争を経て、日本がどのような国になっていたのか考えをまとめよう。パワーポイントで日清戦争の流れを説明。・世界情勢の共有 西欧諸国による植民地化・日本の動き ・ロシア、日本、清、朝鮮の関係・各国が朝鮮を狙う理由・日清戦争のきっかけ・…

単元まるごと『学び合い』〜算数〜

比例・反比例から単元まるごとの『学び合い』が始まりました。授業の流れはそのまま。課題説明&語り 5分『学び合い』 30分振り返り 5分本時の課題を解いている子。先の課題に進む子。それぞれやっていることが異なります。 そんな中、 今日は嬉しいことがあ…

単元まるごと『学び合い』〜算数〜

比例・反比例から単元まるごとの『学び合い』が始まりました。授業の流れはそのまま。課題説明&語り 5分『学び合い』 30分振り返り 5分本時の課題を解いている子。先の課題に進む子。それぞれやっていることが異なります。 そんな中、 今日は嬉しいことがあ…

『学び合い』の課題設定メモ〜明治時代②〜

①「明治時代になって、国民の生活は豊かになったといえるか?」YES 、どっちも、NOに分かれて理由を書く。めあては「自分の意見をまとめ、違う立場の人に反論することができる」②「国会議員として、よりよい政治を行うために必要なアイデアを出すことができ…

WBM×道徳〜自由席がえの平和的な進め方〜

ホワイトボードミーティングがスタート。「好きなおかしベスト4」を経て、道徳でもチャレンジすることになりました。経緯はこんな感じ。修学旅行の班決めで対立が起き、『自由』ってむしろ不自由やん!という子どもたち発言から、『自由』について考える日々…

『学び合い』の課題設定 〜明治時代〜

明治時代の改革地租改正や徴兵令、殖産興業について説明。「お金取られるとか3年間軍隊に入らなあかんとか、めちゃしんどいやん。」「しんどい思いさせるって分かってても、明治政府はこの政策を進めようとしたんやで。なんでやと思う?」C お金が必要やった…

『学び合い』〜おもしろい課題を求めて〜

日米通商修好条約の内容を提示。少しかみ砕いた説明をする。・治外法権アメリカ人が悪さをしても日本のルールで裁けない。強盗があってもアメリカ側が無罪と言ったら、無罪となってしまう。・関税自主権外国から安い商品が入ってくることを防げない。同じ商…

作家の時間がスタート

作家の時間をスタートしました。1学期は勇気がでず、2学期序盤は研究授業の影響で始められず、、、やっとやっとです。嬉しい。さて初日ということで、子どもたちの書くことへの敷居を低くする作戦から始めました。作品のイメージをもってもらうため、ミニレ…

作家の時間がスタート

作家の時間をスタートしました。1学期は勇気がでず、2学期序盤は研究授業の影響で始められず、、、やっとやっとです。嬉しい。さて初日ということで、子どもたちの書くことへの敷居を低くする作戦から始めました。作品のイメージをもってもらうため、ミニレ…

授業の振り返り〜教育実習3日目〜

教育実習2日目1時間目 国語 海のいのち「村一番の漁師の条件をまとめることができる」オープンクエスチョンで発散収束活用 発散: 村一番の一番というと? 収束: 村一番の漁師になるための条件 活用: おとうから太一へのメッセージ※難しいテーマもオープンク…

授業の振り返り〜教育実習1日目〜

教育実習が始まりました。できる範囲で授業の振り返りを行なっていきます。授業振り返り1時間目サークルタイムからのペアトーク。土日の出来事を発散・収束・活用で聴き、班で他己紹介。わたしの構成要素の練習→「わたしはこんな人」のテーマで振りジャに自…

『学び合い』の方がマシ

研究授業のプレをするため、先陣を切って授業を行っている。題材は海のいのち。今日は一斉指導で行った。が、やっぱり一斉指導だと救えない子がいる。学習計画の中身にも問題があったが、『学び合い』なら救えた。『学び合い』のほうがマシであるの意味がよ…

1学期とはちがう

振り返りジャーナル「1週間の振り返り」でこんな言葉がありました。一部抜粋「なんか、1学期とかなせんの迫力がちがう。勉強せなあかんって思う。6年なってから、すぐお腹がすくもん。そんだけ頭使ってるってことやんな?前の社会より、今の方が俺好きやわ。…

第1回教室リフォームPJ

初の教室リフォームです。去年は自分がマットを起きたいという欲だけで強引に進めてしまいました。でも、やっぱりそれは違うなぁと、、、ぼくの理想郷を作っても仕方ない。『子どもたちが』作った気がしませんから。今年は子どもたちの「〜やってみたい!」…

質問の技カード×国語

国語「漢文について知ろう」①ペアトーク「夏休みの思い出というと」発散 夏休みの思い出収束 一番心に残っていること活用 その中で、みんなに伝えたいこと②漢文の文法について説明主語→動詞といった簡単か文法のみ。レ点や打ち消しは扱わない。③ホワイトボー…

『学び合い』課題設定のあれこれ〜江戸時代〜

①「大名配置にはどのような工夫があるのだろう」議論がいろいろ起きそうな課題。⇩②「外様大名が江戸からはなれた位置にあるのはなぜだろう」注目すべきところを焦点化した課題。①の課題を一斉授業の主発問として行うなら、「親藩は〜にいるね。譜代はどうだ…

単元まるごと考えた、その結果

今回立てた単元の大きな目標は ①「江戸幕府が続いた理由を考える」 ②「各政策のプラス面、マイナス面を考えることができる」→社会科を通して、物事の良し悪しを判断できる力を育てる。 学習指導要領にある、 「民主的な国家の形成に必要な公民的資質の育成」…

働き方革命①〜単元まるごとで考えよう〜

岩瀬さんの本に大きく影響を受けています 成果を上げて5時に帰る教師の仕事術 作者: 岩瀬直樹 出版社/メーカー: 学陽書房 発売日: 2016/01/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 5時には学校を出て帰りたい。保育所のお迎…

リアルは伝わる、良くも悪くも

『学び合い』を再開するにあたって、なぜ『学び合い』なのか、1人も見捨てないことで子どもたちが得られるもは何なのか、もう一度自分なりに整理している。関連書籍を読んでは自問自答して、スケッチブックに書く。それの繰り返し。まぁ、この工程をいくら繰…

僕はAL時代を切り開けるのか

友人に薦められて読みました。 よくわかる学校現場の教育心理学 AL時代を切り拓く10講 作者: 堀裕嗣 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/07/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る AL(アクティブラーニング)に取り組むにあたっての心構…

思いやりと言う名のノイズ

算数が苦手なA君。分数のわり算仕上げの問題です。スタートから投げやりな感じで。前においてあるプリント問題をといて解いている。けど、やり方はかなり適当。プリントのレベルも彼からしたら少し高め。これは一緒にやった方がいいなぁと思い、こんな感じで…

質問づくりやってみました

国語 物語文「風切るつばさ」で質問づくり(QFT)にチャレンジ。初発の感想→質問づくりに変えました。たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」作者: ダンロスステイン,ルースサンタナ,Dan Rothstein,Luz Santana,吉田新一郎質問の焦点は…

限界は超えるべからず

①夜な夜な頑張って、睡眠時間削って、家族の時間も仕事に変えて作っためーっちゃ準備された授業。②睡眠時間はまぁ6時間ぐらいは確保して、家族とご飯を食べて、ちょっと余裕を持って学校にいって、よしこんな感じでやるかと10分ぐらいで考えた授業。失敗はど…