kana-senの七転び八起き

大阪の小学校教員かなせんです。『学び合い』の考え方で授業やクラス運営を行っています。発信内容は小学校教育や教師のスキルアップ、育児などから学んだこと。よろしくお願いします。

学習者のニーズと学習者に必要なこと。「知る」と「する」の壁

迷っています。今年度から校内研修の企画担当になったのですが、講師の方にどのような研修をお願いしようか。ある子が求めている教育とその子に必要な教育は異なる場合が多いものです。それは職員の世界も同じで。今後の学校運営について考えるのであれば、…

授業終了〜感謝と授業アンケート〜

2ヶ月の育休から復帰してあっという間の1ヶ月半でした。まだ休んでた期間の方が長いんですね笑 大分と体力も勘も戻ってきたような気がします。 さて、今週で担当している算数の授業もひとまず終了。25名〜30名×3クラスを担当しました。普段の授業とはかけ離…

結局精神論ですか?

‪『学び合い』は方法でしか考えられない。という意見に答えるとすれば、それは「本気で1人も見捨てたくないと思えていないから。心の底から願えてないから。」になる気がします。結局、教師の肝がどれだけ座っているか。それだけで、語りかける言葉も表情も…

共通課題の『学び合い』と個別課題の『学び合い』

現在、1学期の復習に入り、3クラス中2クラスがセレクトタイムによる『学び合い』(個々に課題を選び、計画を立て学習していく方法)、残り1クラスは全員が共通の課題での『学び合い』と、大きく2つの進め方に分かれています。その2つの『学び合い』を見てて…

セレクトタイムと課題本の『学び合い』

子供の育ちと先生の時間を両立させる授業プランのグループの第1期として勉強中のセレクトタイム計画表。早速、算数科のまとめの学習に導入してみました。全5時間、自分で何をどのように学ぶのか、計画を立て学習を進めていきます。(プリント編集のミスありで…

その授業は誰のためにやってるの?

今から8年前。教育実習生として入らせて頂いたクラスは、「学びの共同体」の実践をするクラスでした。机はコの字型。挙手と自由起立を組み合わせた発言を教師がファシリテートし、その場の流れで課題や問いが生まれる授業でした。主体的な子どもたちの姿や…

単元自由進度と「ごめんなさい」

あるクラスでは単元自由進度の『学び合い』がスタートしました。 単元まるごとの『学び合い』がスタート。個々が進めている課題はバラバラで、プレテストをする子もいれば、チャレンジ課題に挑戦する子もいました。振り返りでは少し騒がしかったという意見が…

ドヤ!100点やで!

角柱と円柱の体積の単元テストが終了!平均点は93点でした。単元テストとしてはまずまずの平均点です。さて、今回は超嬉しい事がありました。これまで、60点ぐらいしか点数を取れなかった男の子が、なんと100点を取ったんです!『学び合い』の最初の授業では…

教え子の近況

放課後、PTAの仕事で来校された教え子の親御さんと久しぶりに話をする機会がありました。部活動や勉強のことなど、いろんな情報を交換していると、やはり一番の悩みはザッ一斉講義型授業に苦戦しているとのこと。『学び合い』のときみたいに、好きなタイミン…

「ごめんなさい」と言わせてしまう僕らの在り方

机につっぷしたまま課題に中々取り組めない子がいます。毎年います。その子がなぜそのような状況になるのかは、個々で理由が違うため、その背景に関する言及はここでは控えます。 さて、そのような子を目の前にした私は「どうするのかなぁ~、どのタイミング…

環境整備

教師ができる最大限の環境整備とは・・・どんなものでしょう。 現在進行中の6年算数「角柱と円柱の体積」では、子どもたちが好きなタイミングでデジタル教科書の等積変形の動画を再生したり、具体物に触れたりする機会をつくっています。 現在進行中の「角…

大阪『学び合い』大地の会

『学び合い』の会に立ち上げに必要な最少催行人数が集まりました。よって「大阪『学び合い』大地の会」設立が正式に決定です。これから第1回目の開催に向けてメンバーと打ち合わせを始めていきます。

説明する必要性あった?

表題の件は自分への問いかけです。円の面積と円周の求め方をおさらいするために4分間時間を使いました。その後課題の説明とアドバイスで計7分。最初の3分の説明が「わかる子」もいれば「分からない子」もいます。読むだけで理解できる子もいれば、読む→対話…

今なら共感できる

「突き詰めて集団を育てれば、教えずとも子どもたちは学び合って課題を達成できる。」 あなたがやっていることは『学び合い』ではない騒動から1週間。今、この言葉の意味が徐々に自分の中で腹落ちしている。しかし「突き詰めて集団を育てる」とは、メンバー…

まだプレイヤーでいたい

今日は単元テストのため、授業がありませんでした。空き時間は次の単元のプリントや教材の作成。職員室と印刷室を行ったり来たり。これはこれで仕事なのでいいんだけど、やっぱりね、子どもたちとの関わりがほしくなります。そんな私はあまりにも子どもたち…

決まり文句の語りはいらない。

私は学校で学ぶ意味を、出来る限り分かりやすい言葉で子どもたちに伝えるようにしています。ですが、その言葉が「本気で」「全員で」といううわべだけの言葉ばかりになると、子どもたちは教師の覚悟の薄さをすぐに見抜くものです。先日ふるTさんと語る言葉…

遠慮したらあかんね

教師の腹を子どもたちに見せる。教師として子どもたちと関わる上で大切にしていることです。というのは、昨日子どもたちに謝ったんです。担任じゃないからという理由で、実は遠慮していたことを。担任じゃないを言い訳に、伝えるべきことを伝えなかったこと…

去年とは違うからこそ…

担外という立場は担任として『学び合い』を実践していたときとはやはり勝手が違います。関わる時間に圧倒的な差があります。担任のときは他教科の時間や振り返りジャーナル、休み時間の会話など、信頼を積み重ねるチャンスがたくさんありました。また係活動…

おっ?ストーミング?

子どもたちの学び合う関係性がちょーっと変化してきました。男女の交流が生まれたり、小さな相談が増えてきたり、良い雰囲気です。ただ、教える側に回っていた子たちからはこんなクレームも…「ちゃんと教えてるのに、ふざけるねん。あいつやる気ないんなか…

子どもの姿を見つめる

授業中に使うメモです。私の授業では最初の課題説明+語りの後に子どもたちの活動時間が35分ほどあります。その様子をメモしながら、最後に子どもたちにかける言葉を選びます。ここで個別指導ばかりになると、子どもの姿が見えなくなってしまいます。ですか…

卒業生の言葉

今日は運動会。学校を訪れた卒業生たちは、小6の時と違ってちょっと大人びた姿に変わっていました。その姿に嬉しさや寂しさを感じつつ、会話を楽しんでいると…「先生、今年も『学び合い』やってるんやろ?」「えっ?」「今年の6年が、新しく来た先生の話や授…

『学び合い』とは何だ?

しばらく『学び合い』を主語にして発信することはやめます。最新のブログ記事に対して多数のメッセージを頂きました。まとめると「僕の実践は『学び合い』とは言えない」とのことでした。 僕は子どもたちへの願いや信頼という言葉で、学びの責任を子どもた…

必要なときは教えよう。

今年の『学び合い』では単元内の内容によって、「ミニレッスン」を取り入れています。「ミニレッスン」とは、本格的な問題解決に入る前に設ける10分間ほどの一斉指導です。例えば、「分数のわり算」の単元後半から出てくる文章題の立式。私は立式をするた…

ギアセカンド

『学び合い』が始まって1週間が経ち、子どもたちは自然と些細な相談をしながら学習を進めることができるようになってきました。「ねぇねぇ、これってさぁ〜」や「あっ、ここ違うかも。どう?ここまであってる?」とか。相談する相手はまだ固定的ですが、今は…

テストの見方を変えよう!

今日から『学び合い』でミニテストが始まりました。問題数は2問で、内容は単元テストに類似したもので作ってます。課題は「〜ができるようになる。➕ミニテストに全員合格」です。テストの話をすると、こんなやり取りがありました。「今日からミニテストをや…

『もどる学び』進行中!

今日『学び合い』で一番感動したのは、第1時の分数のわり算の計算の仕方を学び直す子たちが現れたこと。半分以上が分からないまま終わってしまった時間でした。「先生、もっかいやっていい?俺面積図よりしんじんさんの説明の方が分かりやすいから、それでや…

単元自由進度への種まき

今日の語りのテーマは学び方と時間の使い方でした。今回紹介した学び方はこの2つ。他にもありますけど、今日はこれだけ。「もどる学び」と「進む学び」です。もどる学び前の時間で間違えたり、分かりにくかったところなどをもう一度学習する。進む学び次の…

伸び代を見逃さない

『学び合い』の語りは教師の人間性がそのまま現れる時間です。真剣さだけのときもあれば、ユーモアも交えてバカっぽく話すときも。毎日毎日ドキドキです。以下、今日の語ったことです。はじめに語ったこと・「答えだけ写したらいい」と考えていた高校時代→結…

考えすぎて、頭が割れそう!

今日から習熟度別算数で6年生3クラスでの『学び合い』がスタート。単元は分数のわり算です。今日の出来事だけでブログのテーマを3つ、4つ書けそうですが今回は簡単な感想にとどめておきます。まず、最初の授業ということで今回は冒頭に「どんなことを大切に…

明日から始動!!

木曜日から授業スタートの予定が、急遽明日からとなりました。もちろん『学び合い』でやります。実は私、復帰して3日間で子どもたちの授業の様子を見させてもらい、そこから感じたことを課題づくりに生かそうと考えていたのです。ですが…結論から言うと、3…