七転び八起き

『信頼ベースの学級づくり』や『学び合い』の考えをベースにチャレンジ1年目です。実践を通して感じたことを書いていきます。

リアルは伝わる、良くも悪くも

『学び合い』を再開するにあたって、なぜ『学び合い』なのか、1人も見捨てないことで子どもたちが得られるもは何なのか、もう一度自分なりに整理している。関連書籍を読んでは自問自答して、スケッチブックに書く。それの繰り返し。まぁ、この工程をいくら繰…

僕はAL時代を切り開けるのか

友人に薦められて読みました。 よくわかる学校現場の教育心理学 AL時代を切り拓く10講 作者: 堀裕嗣 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2017/07/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る AL(アクティブラーニング)に取り組むにあたっての心構…

思いやりと言う名のノイズ

算数が苦手なA君。分数のわり算仕上げの問題です。スタートから投げやりな感じで。前においてあるプリント問題をといて解いている。けど、やり方はかなり適当。プリントのレベルも彼からしたら少し高め。これは一緒にやった方がいいなぁと思い、こんな感じで…

質問づくりやってみました

国語 物語文「風切るつばさ」で質問づくり(QFT)にチャレンジ。初発の感想→質問づくりに変えました。たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」作者: ダンロスステイン,ルースサンタナ,Dan Rothstein,Luz Santana,吉田新一郎質問の焦点は…

限界は超えるべからず

①夜な夜な頑張って、睡眠時間削って、家族の時間も仕事に変えて作っためーっちゃ準備された授業。②睡眠時間はまぁ6時間ぐらいは確保して、家族とご飯を食べて、ちょっと余裕を持って学校にいって、よしこんな感じでやるかと10分ぐらいで考えた授業。失敗はど…

ワクワクセンサー

今年一番力を入れたいと思っている会社活動が始まりました。「ウェズレーのくに」を読み聞かせして、好きなことをとことん追求する面白さを語りました。伝えたことは、「なかなか好きなこと選ぶって難しいよね。わかるよ。仲良しでやりたい気持ちも分かるけ…

アップデート〜振り返りジャーナル+α〜

振り返りジャーナル×成長ノート振り返りジャーナルを自分にとってよりよいものへ。菊池先生が提唱している成長ノートの実践に取り組んでいる友だちと話をしていて、感じたこと。①書く時間→時間は5分〜10分。ストップウォッチで時間を測って、「集中×書く」の…

学び合い〜『1人も見捨てるな』

『学び合い』が始まりました。復習&インストラクション 10分時間は15分〜20分説明しあいっこ 5分 男女2名以上有志のプレゼン 5分価値のインストラクションは以下2つ1つ目は「助け合えるチームになってほしい」という思い。2つ目はラーニングピラミッドを…

クラスが変わっても

放課後の出来事去年担任していた3人の児童が「クラス変わっても振り返りお願いします」と言って、自作の「振り返りジャーナル」を持ってきました。1年間やりたいとのこと。テーマも各自で考えて。僕が見るべきなのか、振り返りの宛先は現担任の方がいいんじ…

新学期スタート!

新学期がスタートしました。6年生43名。教室に隙間がない笑でもでも、ピンチはチャンス!アイランド型を中心とした授業だと、教室空間は広くなるし。人数が多ければ多いほど、エネルギーも大きいはず。視点を変えれば、プラスに変えられそなことがたくさんあ…

学び合いのお題 (5年 分数のかけ算)

分数のかけ算×学び合い古畑任三郎式1㎗で3/7㎡の面積をぬれるペンキがあります。このペンキを2㎗使うと何㎡ぬることがでるでしょう。発問:2㎗って1㎗の何倍?ホワイトボードに書きます。せーの!ダーダン。子:2!発問:じゃあ、この問題の答えを求める式はど…

会社活動再開

会社活動がスタートしました!1学期もやってたんですが、勢いだけで終わってしまい、、3学期からうまくいくかなぁ子どもたち冷めてないかなぁといろいろ不安もあったんですが、「あと40日しかないけど、 勉強も遊びも思いっきり楽しもうぜ!」この一言で始…

「PAなんてやりたくない」の背景

「PAなんてやりたくない」ちなみに、その子の言葉の背景にあるエピソードとして思い浮かぶのは・PAやペアトーク、ホワイトボードミーティングなどで成功体験が得られなかった。・PAでは自分の考えを表現することが難しく、振り返りをジャーナルに書けないこ…

PAなんてやりたくない

ある男の子が「PAもペアトークも嫌や、ホワイトボードも嫌いや。このクラスは他のクラスと違うことしてるから嫌や」と別件で指導しているときに言うてきたんです。その子は学力も厳しいし、振り返りジャーナルもなかなか書けないし、あかんこと指摘されたら…

新たな風がふく

今日はとっても嬉しいことがありました今週は水曜からインフルエンザでぼくのクラスは学級休業になっていたのですが、その空き時間に同学年の主任のクラス、3年3クラスでプロジェクトアドベンチャーをする機会を頂きました。ここからです!PA終了後、職員室…

出前授業でPAやってみた!

学級休業中にチャンス到来。なんとなんと、主任のクラスで5時間目をまるまる頂戴し、プロジェクトアドベンチャーをする機会を頂きました!いつもうるさくて怒鳴ることが多いと聞いていたので、どんなものかなぁ〜と少しドキドキしながら教室に入りました。が…

学び合いのお題 (5年 割合)

問題文みかさんは250円のマジックペンを30%引きの値段で買いました。代金はいくらですか。「えー、30%引きとかめちゃ安いやーん。なんぼもってたらええんやろ?えーっと、もともとの値段に0.3かけたらええやんな。」250×0.3=75「めっちゃ安いやん!ラッキー…

何でも冒険にしよう!

毎日に「ドキドキワクワクのチャレンジ」があるってとても素敵なこと。でも、2学期までは毎日なんて難しい。毎日大層なことなんてできないよ。と思ってました。が、最近いろいろやっていて、あれ?これってドキドキワクワクのチャレンジになってるよね?って…

読書のあれこれ〜青学の集団づくり〜

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書) 作者: 原晋,原田曜平 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/12/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る なるほどなー、うんうんと共感した部分をメモメモ。 ◯理想の上司 前向きに捉えてくれ…

こだわりを捨てよう〜「書くこと」〜

3学期は「書く」ことを大事にしつつ、でも「こだわること」はやめようと思う。 これまでは、 ①振り返りジャーナルに書く ②振り返りシートに書く(質問が4〜5つ) ③ペアトークで振り返り の3つで振り返りをしています。 が、やっぱりジャーナルに「書く」こと…

読書のあれこれ

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 作者: アンジェラ・ダックワース,神崎朗子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/09/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る …

初心に返ろう

クラスが停滞気味で、、という話をこれまで書いていました。 昨日、僕の尊敬しているある方と話をしていて、 『子どものとる行動には、その子なりの正当な理由が必ずあるよ』という言葉を頂きました。 一人一人が自分の良さをはっきして誰かとつながって、気…

語りのあれこれ②

やっぱり冬休み前なのか。 はたまた別の原因なのか。 クラスは停滞期です。 こんなもんでいいやの雰囲気が「一部」にある。 その一部のために、語る。 語ることは、 「仲良しの人だけが幸せなら、それでいいの❔」って話。 「〜人からサインをもらう」という…

信頼ベースの学級づくり53〜『学び合い』の研究授業〜

研究授業が終わりました。 第三者に見てもらう『学び合い』をして率直に感じたこと。①『学び合い』を事前情報なしで見ると、かなりの衝撃があるということ。いろんな意味で。 ②今までは自分の中でのチャレンジとして『学び合い』をやってたけど、今後は今ま…

あと65日!

担任として子どもたちに会うのもあと65日。今年はあと2週間で終わる。何を語るか。期待をこめて、少し厳しく思いを伝えたい。『このままじゃもったいないよ』って話と 『いろいろ嫌みいったけど、先生は君たちなら必ずできるって信じてるよ』ってことを伝え…

久しぶりに怒鳴ってしまった。

余裕がなくなってきてるのか。 最近ちょっとのことで叱ることが増えてきている。クラスが浮わついてる感じがする。 もうすぐ冬休みやからなぁ~と先輩も話してたけど。今日も大きな声を出してしまったなぁ。 久しぶりに一斉指導して、おしゃべりしてる子をど…

信頼ベースの学級づくり52~読書家の時間 ミニレッスン①~

流れはテキスト通り①ミニレッスン ②ひたすら読む ③共有今日のミニレッスン『読書ノート』について。書くことは、なるほど~と感じたこと 共感したこと 自分と考えがちがったところ 疑問に思ったところ おもしろかったエピソード まさかまさかの驚きエピソー…

信頼ベースの学級づくり51~読書家の時間スタート!!~

「読書家の時間」が始まりました。読書家の時間: 自立した読み手を育てる教え方・学び方【実践編】 (シリーズ・ワークショップで学ぶ)作者: プロジェクト・ワークショップ出版社/メーカー: 新評論発売日: 2014/04/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商…

信頼ベースの学級づくり50~叱咤激励~

語ると決めてたので、ICレコーダーに録音したものを文字起こししました。内容であれとひっかかる部分もあるけど、真剣に語れたと思います。以下、語り。今の君たちの『学び合い』は学び合いをしてるふりになってるわ。 例えば、昨日の授業やったかな。1人に…

通勤読書のあれこれ④

今日はこれ。発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由作者: 栗原類出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版発売日: 2016/10/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

通勤読書のあれこれ③

今日はこの2冊まだ読みはじめたばかり。 飛ぶ教室 (岩波少年文庫)作者: エーリヒケストナー,ヴァルター・トリアー,Erich K¨astner,池田香代子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2006/10/17メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 55回この商品を含むブログ (3…

最近考えてること③~ヒドュンカリキュラム~

育て上げネットで働いてたときに教わったこと『それぐらいで~』 『そんなことぐらいで~』 『そんなことも~』『就労支援の世界で働くなら、こういう言葉はなくしてね。感覚は人それぞれ。忘れ物してパニックになる人もいるから。働いてみたら分かるよ』っ…

最近考えてること②~適当でええかな~

ノートまとめをする時間があったとします。課題に対して、1行書ける子。 5行書ける子。その1行が2、3、4行ってなったらいいなぁ。って思う。でも、そうなるのは三学期の最後かもしれない。教科書を読んで、要点をまとめれる子。 教科書を読んでとなると、手…

信頼ベースの学級づくり48~週はじめのあれこれ~

さて、月曜日の1時間目ぼくのクラスはこんな感じ・サークルタイム ・PA ・読み聞かせをくるくる回す。 遊び心を忘れずに、『心の体力』をあたためる。今日はこんな感じ①サークルタイム 『土日の過ごし方』 『健康チェック』 ②ハブユーエバーどうぞ ③あっち…

信頼ベースの学級づくり47~最近考えてること~

最近の考え事。まずは『学び合い』を成功させるためのポイント。①課題のレベル ②学び合う時間 ③語り(フィードバック) ④関係性特に、①②が難しい。 どこまで求めるか、子どもたちの実態によります。 つい、子どもたちのせいにしちゃう時があるんです。あかんあ…

信頼ベースの学級づくり46~学び合いの下準備~

最近は事前に課題を配布して、ノートに貼らしています。コースは自分の計算スピードによって選びます。進度は黒板のネームプレートを移動させなから、可視化しています。課題が終わった子がチャレンジするプリントも用意。『何でこの答えになるのー!?』と…

信頼ベースの学級づくり45~子どもたちにfitする学び合い~

単元通しの学び合いを始めました!子どもたちは自分のペースで学び合っていて、、、 と、うまくいってますって感じで書きたかったんですが。ぼくが不適合を起こしてしまいました笑表面だけ見てたら、 『あー学び合ってるなぁ』 『分からないところは聞けてる…

信頼ベースの学級づくり43~信頼ベース✖家庭科✖国語

家庭科 買い物上手になろう。 ワークシートにはタイプの違う二種類の筆箱の絵があり、筆箱を買うときのポイントを書きましょうという問いがありました。①全体に発問 筆箱を買うときのポイントというと~?⬇積極的な子が3名発表 ※このあとの活動で話しやすく…

信頼ベースの学級づくり42~正念場だねぇ①~

灯台もと暗し。 近すぎると見えないものってあります。今回は子どもたち同士の関係性。ぼくは、みんな遊びや子どもたちとの遊びを頻繁にするのは否定的なタイプです。 というのも、『その場に先生がいるからルールも時間も守れる』では困るからです。誤解を…

信頼ベースの学級づくり41~年に何度かある正念場~

いつも実践のいい部分ばかり話してますが、今日はカッコ悪いこと。『6年生に送る言葉』この送る言葉を言う児童を4人決めないといけないんですが、立候補を募ったところ、、、誰からも✋があがりませんでした。運動会や行事などに取り組むことをどこか馬鹿にし…

信頼ベースの学級づくり40~教師の思いを伝えるとき~

語るときは、集団の2割(教師の思いが伝わる子たち)を意識して話すようになりました。 そういう子たちは、成績上位層というか、粘り強さがあってコツコツ学べるタイプが多い。 そして、なにより素直です。2割が成長すれば、中間層の6割はついてくる。 最後の…

学級通信①〜手書きにすることにしました〜

これまでワードで作ってたんですけど、手書きの方が思いついたらすぐ書けるよなって感じて。手書きにすることにしました。手書きって楽しいですよ。

信頼ベースの学級づくり39~ホワイトボードミーティング②~

前回のblogに載せたホワイトボードミーティングのやり方は間違っていました。 これが、ホワイトボードミーティングか!と誤解され方いらっしゃったら、ごめんなさい。 簡単にいうと、マーカーの色には意味があるのに決まりを無視して使ってしまったんです。 …

信頼ベースの学級づくり38〜ホワイトボードミーティング①〜

すきなおかしベスト5にチャレンジしました。 今日はとりあえず発散のみで、ファシリテーターとサイドワーカーに挑戦。 振り返りジャーナルには、ホワイトボードミーティングとっても難しかった。 書くのに必死であいづちがなかなかできなくて、つぎはできる…

信頼ベースの学級づくり〜社会✖️学習進行表〜

これからの食糧生産の学習進行表です。 授業の最後は、レポートを書く流れが定着してきました。 学びのカリキュラム・マネジメント、ほんとうにすごい!子どもの書く力が飛躍的に伸びる! 学びのカリキュラム・マネジメント作者: 坂内智之,高橋尚幸,古田直之…

通勤読書のあれこれ③

なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか作者: 山本崇雄出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2016/06/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見る印象的な部分〇まとまった学級をつくるには4月が勝負だともよくいわれます。これは多くの場合、生徒になめら…

信頼ベースの学級づくり37~君にとっての学びの安心ゾーン~

社会の学び合い『魚を運ぶ乗り物の特ちょうをまとめよう』くだものを例に、表の書き方を説明しました。例 果物 色 形 りんご あか まる みかん おれんじ まる ばなな きいろ 細長い 比べて説明するときには表が便利です。 練習だね、やってみよう。 で始まり…

通勤読書のあれこれ②

往路復路の本「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42作者: 石川晋出版社/メーカー: 明治図書出版発売日: 2012/06/07メディア: 単行本購入: 18人 クリック: 144回この商品を含むブログ (9件) を見る価値のインストラクションについて○は引…

通勤読書のあれこれ①

通勤時間に読んだ本の内容を簡潔にメモしていくようにします。まずは往路【体育関係】実務が必ずうまくいく 体育主任の仕事術 55の心得作者: 大前暁政出版社/メーカー: 明治図書出版発売日: 2016/01/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見る・運動場に…

信頼ベースの学級づくり35〜失敗①「させた」感ってどこから生まれるの〜

上手くいかなかったこと運動会でビーイングをつくりました。が、個人的に形だけになってしまったのかなぁと思ってます。「作らされた」感があるなと。 この感覚があるのはなぜだろう。 ビーイングを作る過程で、気になるポイントを振り返りジャーナルに書い…