七転び八起き

『信頼ベースの学級づくり』や『学び合い』の考えをベースにチャレンジ1年目です。実践を通して感じたことを書いていきます。

信頼ベース 日記22~振り返りたくなるテーマって何?~

振り返りジャーナルについて。

まだ実践して2年目ですが、子どもたちの振り返りを深めていくためには、テーマの設定がとても大切やと感じます。当たり前のことか笑

例えば、
『今日1日どやった?』と聞くと

『え、とくになんもない』
『べつに、ふつー。』
と返ってくると思います。

子どもが熱中して書きたくなるテーマは、やっぱり子どもたちのの心に響くものじゃないといけない。
時には、『最近はまってるTVって何?』みたいに緩いものもありますが。
ただ、真面目なテーマを設定すればいいってもんでもない。

発問と同じで、教師の力量が問われてくる。

でも僕らがテーマ設定に気をはりすぎて、疲れても仕方ないし。思いつかないときはジャーナルなしでも、今はよいと考えています。

昨日は振り返りさせたいことが二つあって、どちらをジャーナルに書かせようか迷いました。

①休み時間を増やそうプロジェクト
 成功のポイントと感想をどうぞ

②トップアスリート夢授業
 楽に泳ぐポイントと感想をどうぞ
→オリンピック選手の千葉すずさんがご指導くださいました。

書きたくなるテーマは②だろうなぁと思いつつ、①をジャーナルで、②はオープンクエスチョンでやりました。

①のテーマを言うと、『良かった!以上!』って言う子もいてました笑 でもジャーナルにはみっちり書いてました。

ジャーナルが子どもたちにとって、有用なツールになるために、僕自身が子どもたちへの問いかけの質を高めていかんと、と思う日々であります。

こんな風に考えられるようになったから、去年よりは少しレベルアップかな。
と自分のがんばりも承認しておきます笑

今日ものらりくらりいきます。