七転び八起き

『信頼ベースの学級づくり』や『学び合い』の考えをベースにチャレンジ1年目です。実践を通して感じたことを書いていきます。

こだわりを捨てよう〜「書くこと」〜

3学期は「書く」ことを大事にしつつ、でも「こだわること」はやめようと思う。

 

これまでは、

①振り返りジャーナルに書く

②振り返りシートに書く(質問が4〜5つ)

③ペアトークで振り返り

の3つで振り返りをしています。

 

が、やっぱりジャーナルに「書く」ことが苦手な児童がいて、

「1行しか書くことない❔」と聞くと

「おもいつかない」「なんてかけばいいか分からない」

と返ってきます。

 

たまに書いたとしても、

「楽しかった」

「むかついた、うざい」

「今日はがんばった」

と、こんな感じ。

 

でもでも、オープンクエスチョンで聞くと、具体的な話が出てくるんです。

そこまで考えてたの!って。

 

じゃぁ、ジャーナル書く前にペアトークで振り返ればいいじゃんって話になるんですが、その余裕があるときとないときがあって(僕の力不足・・・)

 

面談ぽくなってしまうかもしれないけど、

個別に週2回ほど振り返りタイムみたいな「話して振り返る」時間をつくっていきたいなと思います。

 

具体的な方法はまだ未定。

書けてない=振り返れてない

になっていたので。(僕の考えが悪いよね)

 

決してそんなことありませんからね。

振り返るチャンネルを増やしてければいいな。