七転び八起き

『信頼ベースの学級づくり』や『学び合い』の考えをベースにチャレンジ1年目です。実践を通して感じたことを書いていきます。

ワクワクセンサー

今年一番力を入れたいと思っている

会社活動が始まりました。


「ウェズレーのくに」を読み聞かせして、好きなことをとことん追求する面白さを語りました。



伝えたことは、


「なかなか好きなこと選ぶって難しいよね。わかるよ。仲良しでやりたい気持ちも分かるけど、選ぶときはね、面白いと思ったほうを選ぶと楽しくやれるもんなんだよ。自分軸を大切にね」



できた会社はというと


ベジタブル会社

新聞&インテリア会社

イラスト会社

ATM株式会社

絵本読み聞かせ会社(3チーム)

工作さいほう会社

修理会社

イベント会社

ミニ先生会社

はてなカンパニー


何よりうれしかったのは、

ユニークな会社ができたことではなく、


「面白そうやから、やっぱりこっちの会社にしていい?」

と、自己選択ができていたこと。


今だからこそ、子どもたちには「妥協ではなく、好きなこと、面白いた感じたことで選ぶ」経験をたくさん積んでほしい。


その経験が豊かであれば

ワクワクセンサー、ビンビンの大人が生まれるんだろうなぁ。


そうなって欲しいなぁ。