七転び八起き

信頼ベースと『学び合い』の考え方をもとにしたクラス運営をしています。

『学び合い』の課題設定 〜明治時代〜

明治時代の改革


地租改正や徴兵令、殖産興業について説明。

「お金取られるとか3年間軍隊に入らなあかんとか、めちゃしんどいやん。」

「しんどい思いさせるって分かってても、明治政府はこの政策を進めようとしたんやで。なんでやと思う?」


C お金が必要やったから。

Tというと?

C いろいろ作らなあかんし。

T 例えば?お金集まったら、政府はどんなことできるの?となりの人と相談。

C 輸入品をたくさん買える。

    外国人を雇える。

    工場作って、働く場所を増やせる。

    大きい船を作ってアメリカに対応。

T なるほど〜。国民の生活にいい影響もありそうやね。これらのメリット知れたら、国民も納得するかな?よし!じゃぁ、政府の役人として、国民に富国強兵すれば国が豊かになるんですよってこと伝えてみよう。


課題  政府の役人として、国民に富国強兵の良さを伝えることができる



条件 次の言葉を必ず書くこと。

地租改正 徴兵令