kanasenの『七転び八起き』

大阪の小学校教員かなせんです。『学び合い』の考え方で授業やクラス運営を行っています。発信内容は小学校教育や教師のスキルアップ、育児などから学んだこと。よろしくお願いします。

いつでも聞いてね。待ってるよ!

懇談会でのエピソード。


単元自由進度の『学び合い』で、友達のサポートを得ながら、見事100点を取ったAさん。そのAさんの親御さんと今日は面談がありました。


Aさんは自分から話しかけるのがとても苦手で、自分から「ここ、分からへんのやけど」と言えるようになってたのは、つい最近のこと。これまでは1人でやることも多く、分からないことはそのままにしてきたこともあったそう‥。


テストの2日前。

そんなAさんに、『学び合い』を通してつながったBさんが電話をかけてきたそうです。


「明後日、テストやろ。分からないことはいつでも聞いていいからね。今日も待ってたんやで。声かけてくれるの。明日の算数はいいスタート切ろう。一緒に勉強しよね」


学校では伝えるタイミングがなく、どうしても伝えたかったから電話したとのことで、Aさんも親御さんも、この手の電話は初めてで驚いたそうですが、とても嬉しかったようです。


「『学び合い』のおかげで娘は仲間を作れた。これからも授業を通して、いろんな人と関わって、中学校に行って欲しいんです。」と期待を込めて語ってくださいました。


『学び合い』はドラマがある。

影響力すごい。


これまた、一斉授業にはない、『学び合い』ならではの良さなのかもしれません。


授業を通して、仲間が作れる。

ほんと素敵だなぁ。